×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北九州大会1日目 団体戦

チーム 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 順位
めがね100%
河合ゼミナール
クマー
将棋格闘倶楽部永世黄龍
チーム3連刻
ヒダカ・クロコップ
えりちゃんLOVE
日高昆布
内田啓吾 優勝
強いぞ 10


 今回の団体戦は3人制で行われた。龍棋会からは、将棋格闘倶楽部永世黄龍(清水 入口 角田)と、めがね100%(宇戸 内田 長友)の2チームが参加した。
 結果から言うと黄龍チームは4位。3勝がひとつもないのにこの成績を残せたのはまぁ良かったのではないかと。
 めがね100%チームは8位。成績はまずまずだが(自分が言えることでもないですが)、初出場の一年生も勝利をあげることができた。

2日目 個人戦

 ・清水氏
  1回戦は九州大学の元新人王戦優勝者と。団体戦でも彼に敗れていたため、リベンジしてほしかったのですが、惜しくも1回戦敗退。
 ・宇戸氏
  1回戦でいきなり九州大学の強豪とあたったらしく、1回戦敗退。対戦後も、古豪戦のメンバーに自分が居るのはおかしいと嘆いておられました。
 ・入口氏
  1回戦は相振りの将棋となった。途中の相手の好手で差がつきそのまま終了。彼は団体戦でも、勝てる将棋を2回も落としており今回はいいとこなしである。
 ・長友氏
  残念ながら1回戦敗退。敗者戦では1勝してほしかったが、1回戦相手が僕でした。熊大同士でつぶしあいになってしまった。ゴメンなさい・・・。
 ・角田氏
  熊大で唯一2回戦に進出した期待の振り飛車党。2回戦は彼の得意?な相振り飛車。しかし、力の差があったようで2回戦敗退。新人王戦優勝者になってほしかったが残念だ。